「とてもいい人だとは思うのですが、ドキドキしません。」

現在、結婚相談所で出会った男性と交際を続けています。

自分にはもったいないくらい穏やかな性格で安心できるのですが、恋愛のドキドキ感がありません。

お見合いとはいえ、恋愛感情を持った相手と結婚したいのでお断りしようと思っています。

確かにドキドキできる相手のほうがいいですよね…でも、安心感も大事ですよ。

付き合い初めのドキドキ感

多くの女性はいままで、自分にとってドキドキする相手を選んできたのではないでしょうか。

結婚を意識しない時に付き合う相手の一番重要な部分は、恋愛相手として自分が好きになれるか。 恋愛においてはそれが一番重要なポイントです。

ですから、おっとり・まったりして安心感を与えてくれるような男性よりも、 ちょっと危険な匂いのする男性のほうがモテるということはよくあります。

お見合いでも恋愛したい

「付き合い初めから彼のことが大好きで、一緒にいるとドキドキする。」

そんな恋愛をしてきた女性にとっては、たとえお見合い・結婚相手とは言えども、 「まったくドキドキがない相手を選びたくない。」という気持ちはよくわかります。

しかし、婚活を続けていく中で、そのような男性と出会う確率はかなり低いのではないでしょうか。

おそらく、ドキドキする相手を選ぶどころか、生理的に受け付けない以外の人を探すことでも 精一杯という話もよく聞きます。

そんな中、せっかく出会ったお相手です。ドキドキしないという理由だけでお断りも、 すこし勿体ない気がします。

そのドキドキしない相手は、本当にあなたの理想とする相手ではないのでしょうか。

うーん。ドキドキしないということは好きではないということですよね。

女性の場合、時間がたってから変わってくるということはありませんか?

ドキドキ感がない=好きではない!?

相手の男性にドキドキ感を感じない場合、その男性のことは好きではないのでしょうか。

確かに好きなのであれば一緒にいたり、距離が近づくにつれドキドキするはずです。

でも、一緒にいて安心できるような相手の場合、ドキドキよりも安心感が勝ってしまうこともあります。

女性はゆっくり好きになる

そのような男性の場合、「あれ!?この人と一緒にいてもドキドキしない!おかしい。」 と思う気持ちもよくわかります。今までの恋愛のパターンと異なるからです。

しかし、一般的に男性はすぐ相手の女性を好きになる傾向がありますが、女性はゆっくりと 相手を好きになっていく傾向があるようです。

いままでの恋愛であれば、出会っていろいろと接しているうちに、徐々に相手のことが気になり、 そして相手のことが好きになり、ドキドキするという流れかと思います。

しかし、結婚相談所などの婚活では、いきなり相手とお付き合いが始まるところから始まります。 男性はそれでも相手のことが気に入ればあっという間に女性のことを好きになるのですが、 女性はなかなかそうはいきません。

そのような婚活特有の流れが、ドキドキ感を感じないという事態を生んでいるのではないでしょうか。

いきなりドキドキするような相手と出会う確率は低い

婚活を続けていて、いきなりドキドキするような相手と出会ったことがあるでしょうか。

婚活をしている男女というのは、基本的にガツガツしていないのではないでしょうか。 特に男性はどちらかというと草食系が多く、情熱的にアタックといったタイプは少ないです。

そのような男性に、ドキドキするような出会いを求めても難しいかもしれません。

結婚すればドキドキはなくなる!?

既婚の男性・女性に聞いてみると、結婚するとほとんどが配偶者に対してドキドキしなくなります。

年中一緒にいるわけで、時間がたつにつれドキドキ感は小さくなっていくのでしょう。

でも、ドキドキ感がなくなった夫婦のほとんどが離婚するということはありません。

結婚には、ドキドキ感よりも重要なポイントがあるからです。

結婚してからは“安心感”のほうが重要

結婚は相手と生活をともにするわけで、いつもドキドキする必要はありません。 第一、常にドキドキするような相手だと、一緒にいて疲れてしまいますよね。

結婚においては、ドキドキ感よりも“安心感”や“信頼感”のほうが重要なのです。

普段の生活であったことを何でも話せる。困ったとき・悩んだときに 何でも相談できる。結婚して一緒に住むのであれば、そういった相手出なければいけません。

結婚においては、ドキドキ感よりも“安心感”や“信頼感”のほうが重要なのです。

ドキドキが少ない男性は結婚に向いている!?

出会ってすぐ女性をドキドキさせるような色気のある男性は、もちろん誰にでもモテます。 そういった男性と結婚すると、浮気や離婚を心配するようになるかもしれませんよね。

ドキドキ感が少ない男性のほうが、一緒にいて心地よく感じたり、 何でも話せたり、自分の家でもリラックスできたりといいこともあるのです。

とはいえ、全くドキドキしない相手との結婚は考えられません。

うーん。そういわれると困ってしまいますねえ。

早急に答えを出すのではなく、じっくり相手と向き合ってみるといいですね。

付き合いを深めてみる

もし、ほかの条件面で問題がない相手で、ドキドキ感がない男性との結婚を迷っているのであれば、 すこし時間をかけて付き合いを深めることをおすすめします。

上でも書いた通り、過度なドキドキ感は結婚に不要ともいえます。 そうであれば、ドキドキ感がなくとも一緒にいて居心地が良いと感じる男性は 結婚相手として選ぶべき相手かもしれないからです。

困っていること・悩んでいることを相談する

もし、その相手が穏やかで、頼りがいがあるのであれば、自分が困っていること、 悩んでいることを相談してみるというのはどうでしょうか。

基本的に男性は女性の悩みの相談を聞くのが好きですし、 そういった相談をすることで、男性の意外な面が見れるかもしれません。

あなたの立場を擁護してくれたり、じっくりと相談を聞いてくれるかもしれません。 または、具体的な解決方法を示してくれるかもしれませんね。

そういったときに、お相手の男性らしい一面を感じ、ドキッとすることが多いようです。

相手の仕事を見に行く

一般的に、女性は男性が仕事をしている姿をかっこいいと感じ、ドキッとすることが 多いように感じます。男性の仕事をしているところを見に行くというのはどうでしょうか。

社内でデスクワークをするような仕事の場合は難しいかもしれませんが、 屋外で働いている場合など、仕事ぶりを見に行けるのであればぜひ行ってみてください。

普段はぼーっとしていたり、ぼさっとしている男性が、バリバリ仕事をしていたりすれば、 惚れなおすということも多いようです。

注意点としては、ストーカー行為に間違われないように慎重に。

相手の趣味など得意なことを見に行く

仕事を見に行くのが難しい場合は、相手の男性がプライベートで頑張っているところ、 得意なことをしているところを見に行くのはどうでしょうか。

スポーツをしているところや、資格の勉強をしているところなど、 相手が頑張っている姿、輝いている姿を見ると、ドキッとすることがありますよね。

確かにそういった場面を経験すると、意外な一面を見てドキドキするかも。

まとめ

若い時は、安心できるような男性より、ドキドキさせてくれるような男性のほうを選んできました。 でも、恋愛はそれでよかったのですが、結婚においてはそうも言ってられませんよね。 ドキドキも重要ですが、安心できる相手のほうがいいかもしれないですね。

もし安心できるような相手なら、付き合っていく中で小さなドキドキを 積み重ねていくことをおすすめします。