「付き合っている男性がいるのですが、服装がダサくて一緒にいると恥ずかしいです。」

最近、婚活で知り合った男性がいるのですが、着ている服装がダサくて困っています。指摘すると雰囲気が悪くなりそうで言い出せません。

その男性は、ダイヤの原石かもしれませんよ。

現状ダサいのは関係ない

一般的に男性は女性より服装にこだわっている人の割合が少ないといえます。 今まで女性に縁遠かった男性ならなおさらです。

ここで重要となるのが、その男性が自分の着ている服装にどの程度 こだわりを持っているかという点になります。

こだわりの有無が重要

その男性が自分の着ている服装に無頓着で、全くこだわりがなかったとしましょう。 それはチャンスです。あなたはもしかしたら、ダイヤの原石を見つけたのかもしれません。

容姿や年収、コミュニケーションに問題がないのであれば、 服装程度で見切りをつけてしまっては、勿体ないお化けが出ますよ!

一方、その男性が、あなたがダサいと思っている服装に明確なこだわりを持っているとしたら、 それは悲劇でしかありません。あなたか男性のどちらかがファッションに対するこだわりを捨てなければ、 永遠に服装の好みの不一致が続くでしょう。

服装の好みは基本的には変わりません。もし、その男性と結婚することになっても、 その晴れない気持ちをかかえて暮らしていくことになるのです。

ファッションへのこだわりを確認する

男性が服装にどの程度のこだわりを持っているかを聞くにはどうすればいいでしょうか。

「なんでそんな服着ているの?」などと不躾に聞いてしまっては、 確かに雰囲気が悪くなってしまいます。

一般的にコミュニケーション能力が高い女性に対してアドバイスする必要がないかもしれませんが、 ここでは一つ、雰囲気を悪くすることなく服装へのこだわりを聞くやり取りをご紹介したいと思います。

まず、相手の男性があなたの服装について褒めてきたときに、このように切り替えします。

(※服装について褒められることない…という場合は、その男性は候補から外しましょう。 あなたの服装について全く褒めないとすれば、空気の読めないタイプか、 あなたに気がないかのどちらかでしょう。早めに見切りをつけましょう。)

男性:「その〇〇いいね!」

あなた:「あ、これ!ありがとう^^。実はこれはとても気に入っているの。」

「あなたの〇〇もいいね!(※一つくらいは褒めるところを見つけましょう。)」

ここで、

男性:「この〇×△は〇×△〇×△で買ったもので、〇×△〇×△〇×△…」

と話が長くなるようなら、その男性は結構服装にこだわりがありそうです。

男性:「これ!?…ありがとう。」

というようなあっさりした答えであれば、その男性はあまり服装に興味がないかもしれません。

あなた:「服とかよく買うの?〇〇さんには、〇〇が似合いそう。今度選ばせてくれない?」

男性:「え!?ほんと?ありがとう!」

と素直に喜んでくれる男性はチャンスありです。

一緒に買い物に行く

そして、男性と一緒に買い物に行くわけですが、ここで注意しましょう。

自分がブランド好きだからといってブランド服を選ばないようにしましょう。 服装に興味がない男性にとって、ブランド服はぜいたく品です。 それを選ぶ女性は“金銭感覚が合わない”と思われる可能性があります。

ちなみに、あなたがブランド好きなのであれば、なおさら服装に興味がない 男性のほうが良いです。服装に興味がない男性は無駄にお金がかからないので、 こっそり自分がブランド服を買いましょう。 服装に興味のない男性は気づくはずがありません。

選ぶ服は、ほどほどの価格にしておきましょう。 最初は、気軽なデートに着ていくトップとボトムを1着くらい選んであげるといいでしょう。

お代は基本的に男性が支払うはずですが、 よければシャツなどの安価なものをプレゼントすればさらに喜んでくれるはずです。

そして最後に、「どんな感じになるか見たい!今度着てきてね!」とダメ押ししておきましょう。

シャイな男性としては買ってもらっても、次回のデートで嬉々として着ていきにくいものです。 着る機会をうかがうあまり、女性側が「選んだのに着てくれない…」と逆に悩んでしまい、 すれ違いになりかねませんから。

デートに着てきてくれるか?

そして、次のデートで素直に着てきてくれた男性は合格です。 そして、その男性があなた好みの服装を着ている様子をよく見てみてください。

もしかすると、「外見がパッとしないなあ」と思っていた男性でも、 服装が変わることで「あれ!?」と思い直すかもしれませんよね。

服装というのは、顔や身長などと違い簡単に修正が可能なものです。 その程度のことで男性に見切りをつけるのは勿体ないです。

見るべきところは、男性の服装に対する柔軟性です。 あなたがすすめる服を素直に着てくれるかどうかです。

もしかすると、男性もそれをきっかけにセンスのいい服装に目覚めるかもしれません。 もし、相変わらず服装に無頓着でも、あなたが選んであげることで問題がないといえるでしょう。

まとめ

相手の男性にはスマートな服装でカッコよくきめてもらいたいというのはよくわかります。 でも、たとえそうではなくても、自分好みの服装を着てくれる柔軟性のある男性なら許すことはできませんか?

「自分の全く好みではない服装を、ドヤ顔で着てくるような男性よりはいいか。」 という柔軟性のある女性が、ダイヤの原石である男性を伸ばすことができるのですね。