「お見合い中に話題が尽きて困ってしまいます。」

婚活中なのですが、お見合い時に話題がなくて困ってしまいます。

はじめて会った女性と話すことなんて限られていますよね?

10分もたたずして沈黙が続いてしまうのです。

一生懸命話そうとしても会話は続きませんよ。

とにかく相手の話を聞いて、話題を展開するようにしましょう。

初対面の人との会話

婚活パーティ・お見合いなど、婚活においては女性と一対一で話す機会が多くなります。

というよりも、婚活=会話をすることといっても過言ではありません。

もちろん、見た目やステータスという会話以前の条件もありますが、 それだけでは相手の女性に選んでもらうことはできません。

婚活の成否を握るのは、会話によるコミュニケーションともいえるでしょう。

まずは定番の会話から

会話の順番としては、まずは定番の話題から始まります。

定番の話題というのは、「自己紹介」「仕事内容」「趣味」「休日の過ごし方」「家族のこと」などでしょう。

そんな定番の話題から始まると思いますが、男性はまず自分のことを軽く話してから、女性のことを聞いたほうがいいでしょう。

すぐに他の定番の会話に移らない

会話べたな人の特徴として、一つの話題を膨らませられないという点があります。

例えば上記でいうと、まず男性が、簡単な自己紹介をしたのち仕事内容を話したとします。

そして女性に仕事内容を聞いたのち、すぐに次の話題に移ってしまうのです。

はじめまして。○○といいます。

仕事は△△をしていて、□□で働いています。

●●さんは、プロフィールでみたのですが△△をされているんですね。

はい。仕事は△△です。

○○さんと業界的に近いですよね。

そうですね。

…お休みの日は何をされていますか?

あれ!?せっかく業界が近いのだから、もう少し仕事のこと話したかったなあ…

定番の話題で引っ張る

上の例は極端ですが、会話べたな人は上記のように話題を膨らませるのが苦手です。

せっかく共通点があるのにもかかわらず、話を掘り下げることができず、テンパって次の話題に移ってしまうのです。

これでは、どんな話し上手な人でも、いくつ話題のネタがあっても、30分も持ちません。

はい。仕事は△△です。

○○さんと業界的に近いですよね。

そうですね。仕事の話ができると思って、今日は楽しみにしてきました。

業界的に、~~~だったりしませんか!?自分はそんなところが気に入っています。

この前も、~~~みたいなことがあり、大変でしたけど。

●●さんは、どうですか?

この人とはたくさん仕事の話ができそう!

定番後が本番

定番の話題を掘り下げることで、10分で話題が尽きるということはなくなると思います。

とはいえ、1時間くらい会話するとか、2回目の面談などでは、 定番の話題だけでは話が続かなくなるかと思います。

ここからが婚活においては本番となります。

定番のやり取りが終わった後、どのくらい仲良くなれるかが重要なのです。

事前に情報を収集する

定番の話題の後、いかに会話を盛り上げられるかは、定番の会話内容とプロフィール内容について どこまで事前に情報収集できるかにかかっています。

定番の話題をする中で、お相手の女性について少なからず情報を得たはずです。 仕事を頑張っているのか、趣味は何で、休日はどのように過ごしているのか。 好きなアーティストは誰で、どんな本や映画が好きなのか。

そのような情報を忘れてはいけません。一回目の面談が終わった後、速やかにカフェなど落ち着く場所に入り、 メモする習慣をつけましょう。

よほど記憶力の良い人じゃない限り、家に帰ったときには多くのことを忘れてしまうからです。

事前に調べておく

次に会うまでに、相手が興味を持っていること、頑張っていることについて徹底的に調べましょう。

例えば、相手の女性があるアーティストを好きだったとします。

たとえ自分が全く興味がなかったとしても、相手の女性に興味があるのであれば そのアーティストについて調べ、曲は一通り聞いておきましょう。

相手の女性が好きな作家を聞いたのであれば、その作家の本を一冊読んでおきましょう。

事前に試してみる

趣味がカフェ巡りであるならば、本屋に行って女性向けのカフェ紹介本を買いましょう。

そして、そこに掲載されているお店に行ってみましょう。そしてその感想をメモしておきましょう。

調べられることは徹底的に調べ、試せることは試しておくのです。

いや、自分が興味のないことにそんなに時間とお金をつかえませんよ。

女性に媚びるためにそこまで頑張らなければいけないのですか!?

会話が苦手なら、つべこべ言わずにやりましょう。

あまり考えずにやってみる

相手の女性が興味を持っていることとはいえ、元々自分が興味があることではないと思います。

興味があるのであれば、多かれ少なかれ調べたり、試したりしているでしょう。

そんなことに時間とお金を使いたくないと思う人もいるかもしれませんが、 相手の女性に興味があるのであれば、まずはあまり考えずにやってみてはどうでしょうか?

人間の幅が広がる

普通の生活をしていると、何か新しいことを調べたり、試してみるという機会は少ないと思います。

特に年を取ってくるとなかなか新しいことにチャレンジすることができなくなってきます。

きっかけは婚活で相手の女性と仲良くなるためという、若干不純な動機なのかもしれませんが、 新しいことを始めることは、自分の人間の幅が広がると思えばよいのではないでしょうか。

実はそんなところに婚活の醍醐味があります。婚活を通じて、自分の人間の幅を広げることができるのです。

他で役に立つ可能性もあり

こうして新しいことを始めることで、確実に話題のネタは増えるはずです。

お相手の女性だけではなく、その女性とうまくいかなくても次の女性とのやり取りで役に立つかもしれません。

また、婚活だけではなく普段の仕事での人間関係や、婚活以外の出会いにもつながるかもしれないのです。

女性が好む趣味につながる

そもそも、もとはといえば女性が興味を持っていた趣味なので、強制的にそれを調べ・試すことで、 女性向けの趣味を知ることができます。

そして、その話題を自分の中に持つことによって、女性との会話のバリエーションが広がります。

そうすることによって、格段に婚活におけるコミュニケーション能力を高めることができるのです。

自分の趣味になる可能性も

最初は全く興味がなかったことでも、調べたり試すことで本当に興味がわいてくることもあるでしょう。

もしかすると、本当に好きになって一生の趣味になるかもしれません。

自分の趣味になれば、ますます会話のネタが増えるのです。

意外性へつながる可能性

自分が当初から持っていた話題ではないので、強制的に調べることで意外性へとつながるかもしれません。

例えば、スポーツマンで活字はあまり読まないという男性が、女性に合わせてある作家の本にはまったとしましょう。

女性から見ると、スポーツマンだけど本も読むという意外性は魅力的に映るかもしれません。

わかってはいるのですが、そんな時間あるかなあ。

はい。つべこべ言わずにやりましょう。

人に勧められたことをすぐにはじめる柔軟性

ここまで書いてもなかなか実践に移せない男性も多いでしょう。

しかし、婚活において結果を出せるのは、「素直に自分を変化させることができる」という柔軟性を持つ男性です。

そのような柔軟性がなくては、いつまでたっても同じ失敗を繰り返すのです。

恋愛を経験した男性は、これを自然とやっている

ここに書いてきたような、女性の好む趣味・話題を自分のものにするという方法を、 彼女が常にいるような男性は普段から自然とやっています。

付き合っている彼女と会話する中で、自然と女性が好むものを知り、 デートの中でそれを試しているのです。

今までの人生でそれをやってきたのと、やってこなかったのでは、 女性との会話力に天と地との差が出て当然なのです。

会話の上達は一日にしてならず

女性との会話がうまくなりたいといっても、急にできるようになりません。

女性が満足するような会話力を身につけるには、日々情報力を上げていくしかないのです。

彼女がいない男性は、自ら実践していく必要があるのです。

いくつか、会話が苦手な人向けへのアドバイスです。

一回の面談が長すぎないようにする

ある程度会話が盛り上がると、ついつい長く話してしまうことがあると思います。

婚活で相手を見極める段階では、適度に早めに切り上げたほうがいいでしょう。

あまり一回で話しすぎると、次回あまり話すことがないということもありえます。

婚活業界でいう、「前回は盛り上がったのに、今回は盛り上がらなかったな…」というやつです。

メールやアプリでやり取りをしすぎないようにする

メールやアプリで盛り上がり、情報交換しすぎるのも問題です。

特にアプリなどで会うことが決まったときに、アプリでやり取りしすぎると、 会う楽しみが半減しますし、ほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

会う前は会話の前振りだけにして、長文メールや細かいやり取りはやめておきましょう。

一緒に体験できるデートをする

どんなに頑張ったとしても、数回会っていると会話のネタも尽きてきます。

そんな時は、一緒に体験できるデートに切り替えましょう。

例えば、映画やドライブなどは一緒に体験ができ、感想を話題とできるのでお勧めです。

まとめ

今までは一生懸命話そうとして空回りして、場をしらけさせていました。

でも、それよりも日々会話のネタをこつこつと仕入れるほうが大事なんですね。

世間の会話上手な男性は、最初から話がうまいだけではなく、 日々の情報交換を怠っていないのです。

会話上手への道は一日にしてならずです。 半年から一年くらいのスパンで上達していきましょう。