「お付き合いをしようと思っている男性がいるのですが、年収が低いので将来が不安です。」

お付き合いをしようと思っていた男性がいるのですが、年収を聞いて愕然としました。その年収では結婚してもやっていけないのではないかと不安です。

結婚はリアル。年収は大事です。でも、現時点の年収だけで判断しないで。

結婚はリアル

恋愛と違って結婚は現実です。生活をしていくうえでお金は欠かせないものです。 特に女性は男性に比べて結婚に対して現実的になりがちです。 それは女性の特性なので仕方ありません。

ですから、生活をするうえで欠かせないお金を左右する男性の年収について 気になるのは仕方がないことです。年収にこだわることは悪いことではありません。 そこにこだわることに罪悪感をもつ必要はありません。

年収はあくまで現時点の収入

しかし、男性の現時点の年収について聞いて、その額をそのまま受け取って 一喜一憂するのは賢い選択ではありません。 現時点の年収というのはあくまで現時点のものです。 将来どうなるかはわかりません。

例えば、現時点の年収が1,000万円あるとしましょう。すばらしい年収です。 俗にいうハイスぺですね。 「この人と結婚すれば、服や食事に不自由がなく、旅行などにも行けそうだ。 専業主婦という選択肢も選べる。」と思うかもしれません。

しかし、その男性が経営者であれば、近い将来業績いかんによっては年収が 低下したり借金を背負ったりしてしまうかもしれません。

会社員も同じで、業績に連動して賞与が大きく変わる会社などは、 景気によって年収が左右されます。

経営者やフリーランスなどは、年収に社会保険・必要経費などを含めていない 可能性もあるため注意が必要です。

また、資産・借金の有無も重要です。男性が大きな買い物をしたり、 奨学金を受けていたりした場合、借金があるかもしれません。

逆にすでに親からもらった土地や不動産があったり、 株などの投資で大きな資産があるということもあります。

会社の給与制度によって家族手当や住宅手当がある会社では、結婚して家族が増え、 自宅を保有することで年収が大幅にアップするということもあります。

年収は現時点の額だけではなく、今後どうなるのかによってその評価が大きく 左右されるものなのです。

年齢によっても変わる

その年収が多いのか少ないのかを判断するうえで、男性の年齢も重要なポイントです。 年収が400万円だったとしても、それが20代なのか30代なのか40代なのかによって、 その評価は変わってくるでしょう。

20代で年収400万円であれば妥当かもしれません。その後、役職が上がったり、 評価が上がることで30代では600万円、40代では800万円と順調に 上がっていくこともあり得ます。

逆に、40代で400万円の場合は今後の伸びしろが期待できないため、不安が残ります。 社内で評価されているのであれば、当然管理職についている年齢ですので、 その年収なのであれば社内評価が低い可能性があります。

わたしは高年収じゃなくてもいいです。“普通”の年収であれば。

よく、婚活をしている30代・40代の女性から「紹介される男性の年収が低い… 贅沢は言わないから同年代で500万円程度の“普通”の年収でいいのに。」 という話を聞きますが、自分の20代を振り返ってみましょう。

その“普通”の年収の男性も、20代のころは300万円・400万円台の年収だったはずです。 自分が20代だったころにそのような年齢の男性の価値を低くみてはいませんでしたか?

現在、その“普通”の年収の男性と結婚した女性たちは、20代よりそういった 男性の年収にこだわることなく暖かく見守ってきたというパターンも多いのです。

高年収は激戦

もちろん、大手企業勤務などの場合は20代からそれなりの年収をもらっていることもあります。 そういった男性はそもそも激戦なので難しいといえます。

そのような大手勤務で年収が良い男性は20代ですでに刈り取られていて、 残っているのは結婚願望がないか、結婚に向いていない性格の持ち主ということがよくあります。

やはりねらい目は普通の男性です。しかし、20代の女性は同年代の男性を狙えばいいのですが、 30代・40代となるとそれなりの年収になり収穫済みということが多くなってきます。

そうなると、なかなか普通の年収の男性と結婚するというのは難しくなってくるというのが、 よくある年収の悩みの現状ではないでしょうか。

狙い目は伸びしろがある男性

30代・40代の女性が普通の年収の男性を見つけたいのであれば、伸びしろに注目するしかありません。 今時点の年収にこだわるのではなく、今後どうなるかに注目するのです。

上でも書いた通り、福利厚生がしっかりしている企業に勤めているのであれば、 結婚して家族が増えることで大きく年収が上がることがあります。

大手企業ではない中小企業では、昔ながらの給与体系によって既婚者・子持ちを優遇する 給与体系が維持されていることもあります。

企業名のネームバリューに流されることなく、相手の会社名を聞いたらそこの会社の企業研究をして みましょう。意外と堅実でしっかりしている中小企業であれば、安定性なども期待できるかもしれません。

また、歴史の浅いベンチャー企業などの場合、今後成長が期待され大きく給与が変わるということもあり得ます。 もちろんリスクもあるのですが、逆に上場などによって大化けする可能性もあります。

一番重要なのは男性の稼ぐ力

よく、結婚相手にするのであれば安定している公務員が最強という声をききます。

確かに公務員は会社がつぶれるということはありませんし、本人が自分でやめるか、 犯罪を犯さない限り、クビになる可能性も低いです。最強の安定度を誇ります。

しかし、公務員であればだれでも結婚相手としてよいかというとそうでもありません。 公務員でも仕事が合わない・上司とそりが合わないという理由で精神的にまいってしまい 退職するというのはよく聞く話です。

収入面で結婚相手を選ぶうえで一番重要なのは、男性の稼ぐ力=能力・経験・人間力 といえるでしょう。決して現在の年収がすべてではありません。

もし、男性に稼ぐ力が不足しているのであれば、現在低年収だったとしても当然の結果であり、 今後の上昇も見込めないでしょう。

しかし、男性に稼ぐ力があるのに現状の年収が伸び悩んでいるのであれば、 それは世間から実態にそぐわない不当な評価を受けているということです。

社内の経営環境が変わったり、転職することによって大きく年収がアップする可能性もあります。

では、稼ぐ力のある男性はどう見極めるのですか?

簡単な方法や正攻法はありません。女性として自分の目と直感を信じてください。

男性の稼ぐ力を見極めるというのは、株式投資によく似ているかもしれません。

世の中には優れた技術を持っていても市場に受け入れられず業績が伸び悩んでいるという 会社がありません。もちろん株価も低迷しています。

そうした隠れた力を持つ会社は、時節や流行、環境の変化によって業績が一気にあがる ということがあります。そうなると株価が一気に上がり、株を保有している人は 利益を得ることができます。

男性の稼ぐ力を見極めるのは容易ではありませんが、その男性と付き合いを深め、 その男性がもつ力を、女性特有の目と直感で判断するしかありません。

恋愛経験もそれほどあるわけではないし、わかるかなあ?

その男性はいままでどんなところで何を学び、どんな仕事をしてきたのでしょう。 現在の会社内での評価はどうなのでしょうか。転職を考えているのでしょうか。

精神的には打たれ強いのか弱いのか、人間関係を築くコミュニケーション能力はどうなのか。 話をしていて頭の回転は速いのか。それとも内に秘めたものがあり無口なのにたまに 鋭い意見をするといったタイプでしょうか。

男性を見極めるうえで、例をあげましょう。彼は今までの人生で自責で生きてきたでしょうか? それとも他責で生きてきたのでしょうか?

今までの人生の結果を自分の責任だと生きてきた男性は、たとえ今低迷していたとしても 今後伸びるかもしれません。逆になんでも他人のせいにする男性はそのまま負け続ける可能性が高いです。

結婚相手を決めるのはあなたです。相手の男性の力を見極めるのはあなたしかいませんし、 その成否の責任をとれるのもあなただけです。

結婚しても働きたいし、共働きであれば男性の年収は低くても大丈夫ですよね?

もちろんそういった柔軟性は必要です。でも、だから大丈夫という考えは危険です。

近年の世間的な傾向として、「男性の年収が頭打ちの時代、女性も働いて共働きで家計を支えるべき」 というものがあります。政府も一生懸命それを後押ししていますよね。

確かにこれは大事な考えです。男性の稼ぎだけでやっていくというのは昭和までにしましょう。

ただ、「だから男性の年収は気にしない。」というのは危険でしょう。 なぜなら、共働きで家計を担うというには社会の仕組みが未成熟だからです。

結婚すると子どもができるかもしれません。産休などが充実してきてはいますが、 中小企業はまだまだそういった制度が未整備なところもあります。 特に地方では産休そのものがないということもあります。

保育園は定員が一杯で、保育園難民という言葉もあります。

結婚すると、夫婦の親の数は最大4人になります。 そのうちの誰かが病気や認知症で介護が必要になることもあるでしょう。

それをすべて女性がやらなければいけないのですか?

結婚することで生じる子育て・介護などに対しては夫婦ふたりで協力していく ということが必要です。女性だけがするものではありません。

しかし、現在の社会の仕組みでは、子育て・介護をしなければいけない時に 夫婦二人ともフルタイムで働くということは難しくなってきます。

どちらかが仕事をセーブしたり、場合によっては仕事を辞めないといけない ということ場合が多々あります。

結婚を考える際、そういったリスクについても考慮しなければいけません。

男性か女性の一方に家計を支える十分な収入があれば、 一方が完全に仕事を離れたとしても家計は破綻しません。

夫婦共働きで同じ金額で家計を支えている場合、 どちらかが仕事を辞めてしまうと家計年収が半分になってしまいます。

子育てや介護のリスクを考えると、男女半々よりは男性か女性どちらかが一馬力でも家計を支えられる というパターンのほうがリスクは少ないでしょう。

まとめ

結婚はリアル。女性が男性の年収について気になるのは仕方がないことです。 でも、結婚するうえで本当に必要な年収というのはどのくらいなのか。 それはそれぞれ個人によって異なります。

確かにそうですね!自分が結婚して生活をする上で必要な年収なんて 考えたことなかったです。

男性の年収を一種のブランドのように取り扱ってはいませんか? 友人や家族からどう思われるかばかり気にして、現在の年収にのみ注目していませんか? 重要なのはその男性の稼ぐ力です。そこを見極めるのが女性の腕の見せ所ですよ。